写真とカメラと旅の振り返りブログ「Travel Hackerトラベル・ハッカー」

デジタル一眼レフの基礎:絞り

      2015/02/07

Pocket

前回は露出について書いていきました。

そして、今回からはその露出をコントロールする3つの要素「絞り・シャッタースピード・ISO感度」について書いていきたいと思います。

この3つを理解することができれば、コンデジやスマホでは上手く撮れなかった星空の撮影や、背景をボカした立体感のある写真が撮れるようになります。

今回は1つめ、「絞り」について見ていきたいと思います。

 

絞り

絞り_2

絞りとはレンズの中にあり、これを上手く調整することでレンズを通る光の量をコントロールすることができます。(言い換えると、センサーに当てる光の量をコントロールできるということ)

絞りの図をもう少し詳しく書いてみると下の図のような感じ。

絞りイメージ図

 

図のように絞りとは複数枚の羽根でできていて、これを絞る(閉じる)ことでレンズを通る光の量を少なくできますし、逆に開くことで沢山の光を通すことができます。

そして、この絞りを数値化したものを「F値」といい、

 

「絞り」を絞る=「F値」を大きくする (例)F=16

「絞り」を開く=「F値」を小さくする (例)F=1.8

 

という関係性になっています。初めての方だとちょっと難しいですよね^^;まぁ最初は聞き流す程度でいいので「絞りとはこんなもの」くらいで覚えてもらえたらいいです。

また、絞りには光の量をコントロールする以外に、ピントが合う範囲(被写界深度)もコントロールすることができます

簡単に言うと、絞ればピントが合う範囲が広くなり、逆に開けばピントが合う範囲が狭くなります

 

言葉で説明してもなかなか伝わりにくいと思うので、これらの関係性を実際に例にして見てみましょう。

 

絞り1

まず、こちらの1枚目が絞りを開いて(F=1.8)撮影したもの。右下の図がその時の絞りのイメージ図。

ピントは手前のレンズの印字のところに合わせているのですが、ご覧の通り絞りを開けばピントが合う範囲が狭くなります

絞り2

そしてこちらが絞りを絞って(F=16)撮影したもの。

ピントの位置は先ほどと同様で手前のレンズの印字のところですが、今度は奥にあるレンズの印字まできちんと見えるようになっています。

絞りを絞ったらピントが合う範囲が広くなるということです

*ちなみに見やすくために、それぞれシャッタースピードは変えています。焦点距離固定でF値を変動。あくまで絞りによるピントの範囲(被写界深度)の変化にだけフォーカスして説明しています。

 

このように、絞りというのは光の量をコントロールするだけでなく、ピントが合う範囲(被写界深度)もコントロールできるのです。

 

DSC_3960

絞りについての理解を深めれば、上の写真のように「子供にだけピントを合わせ背景をボカす」といった立体感のある写真が撮れるようになり、表現の幅が大きく広がります。

ただし、露出は絞りだけでなくシャッタースピード、ISO感度も同時に関係してくるので、その時の状況、表現のし方によって上手く調整してあげないといけません。

そのことについてはまた別にまとめていきたいと思います。今回はとりあえず「絞り」とはどういうものかを体系的に知って頂ければよいかと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?「絞り」と聞くとカメラの専門用語のため、なかなか取っ付きにくい部分があるかと思いますが、なんとなくでも理解していただければ嬉しいです。

絞りイメージ図2

今回の内容を簡単にまとめると

・絞りとはレンズの中にあり、光の量をコントロールするもの

・絞りを数値化(明るさの指標)したものをF値と呼び、F値を大きくする=絞りを絞る、F値を小さくする=絞りを開く、といった関係性がある

・絞りはピントが合う範囲もコントロールすることができ、使いかた次第で表現の幅が広がる

の3点。実際の使いこなしやカメラの設定などはまた別の機会に書いていけたらと思います。とりあえず今回は基礎知識ということで。

ということで次回は「シャッタースピード」について書いていきます。

The following two tabs change content below.
Hideki Mizuta
現在東回りで世界一周中。旅をしながら写真とWebを学んでいます。 旅ブログ→【Meet Source Trip】http://meetsourcetrip.com

 - デジタル一眼レフの基礎

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

DSC_0032
デジタル一眼レフの基礎:シャッタースピード

Pocket 「絞り・シャッタースピード・ISO感度」について解説していくシリー …

スクリーンショット_2015-02-03_17_57_51
デジタル一眼レフの基礎:露出

Pocket カメラを始めたらよく耳にするようになる「露出」という言葉。 日常生 …

DSC_3479
デジタル一眼レフの基礎:ISO感度

Pocket 写真の明るさをコントロールする主な方法として「絞り・シャッタースピ …

三角1
覚えておきたい写真の基本構図5つ

Pocket 前回ご紹介した「絞り・シャッタースピード・ISO感度」といった基本 …

センサーサイズ
センサーサイズの違い

Pocket Photo by Flickr   デジタルカメラの「画 …

黄金比2
覚えておきたい写真の基本構図:交点、黄金比を上手く取り入れよう

Pocket 前回は写真を始める上で覚えておきたい基本の構図についてまとめていき …